人を襲うスズメバチの巣を駆除する|早めに行動することが大切

駆除よりも予防の対策を

ハト

鳩は、害鳥としても知られています。特に公園などで見かけるカワラバトによる害は深刻なものとなっています。カワラバトによる被害で特に深刻なものは、糞による害です。カワラバトの糞は放置することによって様々な病原菌を蔓延させ、病気やアレルギーの原因を作ります。また、糞を餌として害虫が発生し、家に住み着く恐れもある他糞によって美観を損ねる可能性もあります。そんな糞害は、鳩が家に巣を作ることにより更に状態がひどくなってしまいます。そのため、鳩が家に巣を作った場合は早急な対処が必要になります。
鳩は、害鳥として知られていますが、無許可で駆除をするのは法律違反のため、市役所に被害の申請をして駆除の許可を得なければなりません。しかし、許可が降りるまでには時間がかかるため、その間は駆除できません。よって、駆除ではなく、対策を練ることが重要となってきます。鳩による害の対策としてもっとも重要なのは「巣を作らせない」ということです。鳩は巣作りをするとそこに卵を産み、しばらく住み着きます。その結果、糞害が拡大してしまいます。この巣を作らせないことが対策となります。
具体的には、巣を作りやすい場所に網を仕掛けたり、金網を張って侵入できないようにします。他にも鳥よけの道具屋忌避剤を購入するというのも一つの手段です。また、鳩の巣は中に卵がない状態なら撤去しても法律違反にはならないのでできかけの巣を壊すというのもハト対策につながります。
また、自分でそういった対策を行うことが難しいという場合は、無理せずに専門の駆除業者に対応してもらうといいです。手間がかからない上に、知識をもっているので安心して任せることができます。