人を襲うスズメバチの巣を駆除する|早めに行動することが大切

危険な害獣

鼠

基本的に害獣は被害を申請して、許可が降りなければ駆除できません。しかし、ねずみだけは例外として無許可でのねずみ駆除が可能です。その理由は、ねずみ駆除は早期解決が重要になってくるからです。ねずみは、他の害獣よりも体が小さい分被害の規模は最初は小さいですが、繁殖スピードが非常に早く、あっという間に増えた時のネズミの害は、甚大なものとなります。
ねずみは雑食性であり、何でも手当たり次第に食べるため、備蓄してあるカップラーメンや野菜など、手当たり次第に食べられます。また、歯を削るために壁やコンセントをかじるために機械が使えなくなったり家の耐久力が下がる場合もあります。また糞尿や死骸による悪臭は不快なだけでなく病気の原因にもなり、害虫をおびき寄せる事にもなります。このように、ねずみの存在は家の安全をおびやかすため、繁殖する前に一刻も早いねずみ駆除が重要になってきます。
ねずみ駆除は、初期段階ならば薬局などで売られている駆除道具を使って自分で駆除及び捕獲を行えますが、あまりにも増えた場合ねずみ駆除業者に頼んでねずみ駆除を行うことになります。ねずみ駆除は、主に毒餌を用いたり、忌避剤をばらまき、ねずみを追い出すという方法が主になります。また、業者の中には再びねずみが侵入しないようにねずみの侵入経路を探しだし、そこに金網を張るなどして侵入しないための予防を行います。このサービスは業者によって行わない場合もあるので、確認しておきましょう。